アイダ設計 坪単価

アイダ設計の坪単価について

「555万円の家」というキャッチコピーを耳にしたことがある人も多いと思います。こういった「555万円の家」に代表されるような、超がつくほどのローコスト住宅を提供しているのが、アイダ設計というハウジングメーカーになります。

 

 

 

 

この、アイダ設計はさいたま市に本社を置くハウジングメーカーですが、基本的に在来工法の住宅を提供しています。

 

 

 

 

アイダ設計については、木造軸組工法、土地探しからの住まいづくり、ということもうたってはいますが、他社との比較において、一番の特徴といえるのは、やはりその低価格だといえるでしょう。

 

 

 

 

自社施工、自社プレカット工場など中間マージンを発生させない徹底したコスト削減というところが、一番の売りとなっています。

 

 

 

 

 

このアイダ設計の坪単価ですが、坪単価の目安としてみると、30万円〜40万円となっています。これは、かなり低い単価といってよい数字になります。

 

 

 

 

 

実際、マイホームを建てるにあたって、たくさんのハウジングメーカーの中で、価格についても比較をしていくことになります。

 

 

 

 

そういった比較の際の一番の目安となってくるのが、坪単価だといえるのですが、他の大手ハウジングメーカーだと、坪当たり50万円や、70万円といった数字もざらにでてくるのに比べてみると、このアイダ設計のローコスト感がわかってくると思います。

 

 

 

 

 

ただ、こういった坪単価というのは、最初の見積りで出てくる数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる工事なども含めるかによって、だいぶ違いがあるという事も注意が必要です。

 

 

 

 

 

また、最低価格帯のもの以外でも、耐震・防犯も兼ね備えた住宅、長期優良住宅仕様の住宅、高気密・高断熱仕様の住宅の4タイプから選べるプランなどより充実した内容の家まで幅広い家作りに定評がありますので、それによっても価格は違ってきます。

 

 

 

 

 

 

また、最初に出てくる単価が、安くても、実際に最終的に払った単価をみてみると高くなっていることはよくありますので、事前に確認をすることが大切だといえます。

 

 

■他ハウスメーカー参照坪単価

 

>>セキスイハイム 坪単価

家を建てたいと人であれば、値段はやっぱり気になるところです。

 

 

 

そういった中、テレビのコマーシャルなどでも、「555万円の家」というキャッチコピーを耳にしたことがある人もあるでしょう。

 

 

 

 

こういったを「555万円の家」に代表されるような、超がつくほどのローコスト住宅を提供しているのが、アイダ設計というハウジングメーカーになります。アイダ設計はさいたま市に本社を置くハウジングメーカーです。

 

 

 

最近はこのローコスト住宅でかなり有名になったといえるでしょう。実際、アイダ設計の坪単価としての目安も、30万円〜40万円となっています。これは、かなり低い単価だといってよい数字になります。

 

 

 

 

これほどの価格ですし、このコストカットも、自社施工、自社プレカット工場など中間マージンを発生させない徹底したコスト削減によるものだと言われています。

 

 

 

 

そうなると、そこから値下げは無理なのではないか、とも感じてしまいますが、実際には、555万円や、777万円といった、最低価格帯の商品プラン以外でも、耐震・防犯も兼ね備えた住宅、長期優良住宅仕様の住宅、高気密・高断熱仕様の住宅などといった、充実した内容の家まで幅広い家作りを行っています。

 

 

 

なので、そういったものについては、最低のところからより高いオプションとすることで、そこからの値引きを相談するということも、可能だといえそうです。

 

 

 

 

このアイダ設計については、土地探しからの住まいづくり、ということも提唱していますので、打ち合わせの期間が長くなる場合もありえます。最初にこちらの予算を伝えた上で、どこまで値引きが可能か、交渉を進めておくことが有利になるといえるでしょう。

 

 

 

 

また、値引きについては、もちろん各ハウジングメーカーが提示しているわけではなく、各ネットの口コミなどで、色々な情報を集めていくことが必要になります。夢のマイホームを建てるわけですから、ハウジングメーカーをただ、一律に表示されている値段で選ぶわけにはいきません。予算にも上限がありますので、うまく選びたいものです

 

 

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」は無料で、アイダ設計やその他ハウスメーカーの総額表や間取りプランがもらえます。

 

 

 

他のハウスメーカーの価格を知ることで、値引き交渉がすすめやすくなりますので、おすすめです。

 

 

 

また、各社の間取りも無料でもらえますので、こんな間取りもいいなぁなどの参考になりますよ(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

■関連ページ

 

>>アイダ設計の坪単価

続きを読む≫ 2015/03/17 15:51:17

家を建てるときに、やはり大切にしたいとなってくるのは、その住み心地ではないでしょうか。

 

 

 

 

自分の暮らす家を自分で最初から最後まで建てるわけですから、やはり、自分や家族にとってベストな住み心地にしたいものです。最近は、都心に近く住みたいというようなニーズについても、若い世代だけではなく、子供が巣立った後の世代の方々も希望される方も多くなります。

 

 

 

 

こういったニーズにこたえて、土地探しから行うというようなハウジングメーカーも増えてきています。こういったハウジングメーカーの中で、あがってくるひとつが、アイダ設計だといえるでしょう。

 

 

 

 

アイダ設計は、埼玉を中心に、首都圏、仙台、新潟、名古屋などへと販売エリアを増やしているハウジングメーカーです。一番よく知られているのは、低コスト、低価格の住宅です。

 

 

 

 

「555万円の家」というキャッチコピーを耳にしたことがある人もあるでしょう。こういったを「555万円の家」に代表されるような、超がつくほどのローコスト住宅というのが有名で、無理なく家を建てられることで更に知名度を上げました。

 

 

 

 

ただ、それだけではなく、アイダ設計は特に立地のいい戸建てや土地を紹介してくれるというのも、特徴だといえます。自分にとって住み心地のいい場所を選べるハウジングメーカーとしても、評価できるといえるでしょう。

 

 

 

 

このように、家を建てるのと一緒に、住みやすい環境を選べるというのは、大きな利点だといえるでしょう。もちろん、建物自体の評判としても、豪華ではなくても、住み心地も悪くなく、構造や耐震性には問題のない家だと言われています。

 

 

 

 

実際、各ハウジングメーカーの提供する家の住み心地は気になるものですが、その住み心地というのも、各ハウジングメーカーによっていろいろなバラエティがあります。

 

 

 

 

予算との兼ね合いもありますし、自分が理想とする住み心地も人によって違ってきます。こういったなかで、自分にあった住み心地を提供してくれるハウジングメーカーを選んでいきたいものです。

 

 

■関連ページ

 

>>アイダ設計の坪単価

 

>>アイダ設計の値引き

続きを読む≫ 2015/03/17 15:48:17

家を建てるときに、やはり大切にしたいとなってくるのは、安全性だといえます。とくに大震災のあとはとくに、耐震性というものに注目が集まるようになりました。公共の施設などもそうですが、自分の大切なマイホームづくりにおいて、耐震性能というところも知っておきたいところです。

 

 

 

 

とはいっても、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。しかし、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準となるのが、「耐震等級」です。

 

 

 

 

耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。

 

 

 

 

アイダ設計においては、一律でこの耐震等級が提示されているようなことはないようですが、耐震性能については、こだわりを持っているkとが見受けられます。

 

 

 

 

たとえば、揺れを1/2に軽減させる制震システムというのを採用しており、住宅の制震性能を高めるダンパーを設置する事で、地震発生時から揺れを吸収し、建物に加わる衝撃を小さく抑えるようになっています。

 

 

 

 

また、独立行政法人土木研究所で実施した耐震実験では、日本の震度制度最高の「震度7」相当の揺れにも耐える家づくりを実証しているという実績も有ります。

 

 

 

アイダ設計とというと、「555万円の家」というキャッチコピーを耳にしたことがある人も多いと思います。こういったを「555万円の家」に代表されるような、超がつくほどのローコスト住宅というと、質について懐疑的な人もいますが、基本的にアイダ設計というハウジングメーカーは、コストカットを徹底しているものの、耐震については、意識の高いハウジングメーカーといえるでしょう。

 

 

 

 

注文住宅の場合には特に、より詳しい耐震性能などについては、営業の人などに聞いてみることがベストだといえます。事前に耐震等級について確認することは、マイホームを建てるにあたっても、損はないポイントになってきます。

 

 

 

■関連ページ

 

>>アイダ設計の坪単価

 

>>アイダ設計の評判

続きを読む≫ 2015/03/17 15:46:17

マイホームを建てるときには、各ハウジングメーカーの評判を知りたいというのが本音です。各ハウジングメーカーは、メリットをうたっていますが、その反面、そしてデメリットというのも気になってきます。

 

 

 

もちろんメリットの多いハウジングメーカーを選びたいというのがですが、こういったメリットとデメリットはある意味コインの裏表ともいえますので、いいところがあれば、その反面デメリットとなる部分もでてきてしまうのです。

 

 

 

 

なので、各ハウジングメーカーのもつ特徴を知った上で、その良さ悪さの両方を見て判断する必要が出てきます。こういった実態を知るには、実際にそこで家を建てた人の評判を見てみるというのが、とても有効だったりします。

 

 

 

 

アイダ設計についても、評判を見てみたいと思います。アイダ設計は、はさいたま市に本社を置くハウジングメーカーで、自社施工、自社プレカット工場など中間マージンを発生させない徹底したコスト削減というところが、一番の売りとなっています。

 

 

 

 

坪単価の目安としてみると、30万円〜40万円となっています。これは、かなり低い単価です。

 

 

 

 

いい評判として見られるのは、最低限の性能を持つ住宅を、かなり低い予算で購入できるということ、そして、少し予算に余裕があれば、そのレンジに合わせてカスタマイズすることができるということです。

 

 

 

 

そういったかたちで、低価格で希望に近い家が建てられると評価をえています。値段のわりには設備もそれなりに良いともいわれています。

 

 

 

 

ただ、逆に、コストカットのためか、施工があらかったり、設計・施工が荒く、雨漏りするなど不具合の報告もあるようです。

 

 

 

 

また、これも注意が必要ですが、最低価格に足していくオプションや工事費など追加費用の価格が高く、最終的な単価としてみると、思ったよりも値段が安くはなかったという評判もあるようです。

 

 

 

 

ハウジングメーカーによって、メリットもありますし、デメリットもあります。完璧なハウジングメーカーというのはありませんので、ここをきちんと見極めて、自分に一番あったハウジングメーカーを見つけていきましょう。

 

 

大和ハウスの評判や坪単価や値引き情報はこちら→大和ハウス 坪単価 2018

 

 

 

 

■関連ページ

 

>>アイダ設計の坪単価

 

>>アイダ設計の住み心地

続きを読む≫ 2015/03/17 15:44:17