アイダ設計 耐震等級

アイダ設計の耐震等級について

家を建てるときに、やはり大切にしたいとなってくるのは、安全性だといえます。とくに大震災のあとはとくに、耐震性というものに注目が集まるようになりました。公共の施設などもそうですが、自分の大切なマイホームづくりにおいて、耐震性能というところも知っておきたいところです。

 

 

 

 

とはいっても、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。しかし、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準となるのが、「耐震等級」です。

 

 

 

 

耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。

 

 

 

 

アイダ設計においては、一律でこの耐震等級が提示されているようなことはないようですが、耐震性能については、こだわりを持っているkとが見受けられます。

 

 

 

 

たとえば、揺れを1/2に軽減させる制震システムというのを採用しており、住宅の制震性能を高めるダンパーを設置する事で、地震発生時から揺れを吸収し、建物に加わる衝撃を小さく抑えるようになっています。

 

 

 

 

また、独立行政法人土木研究所で実施した耐震実験では、日本の震度制度最高の「震度7」相当の揺れにも耐える家づくりを実証しているという実績も有ります。

 

 

 

アイダ設計とというと、「555万円の家」というキャッチコピーを耳にしたことがある人も多いと思います。こういったを「555万円の家」に代表されるような、超がつくほどのローコスト住宅というと、質について懐疑的な人もいますが、基本的にアイダ設計というハウジングメーカーは、コストカットを徹底しているものの、耐震については、意識の高いハウジングメーカーといえるでしょう。

 

 

 

 

注文住宅の場合には特に、より詳しい耐震性能などについては、営業の人などに聞いてみることがベストだといえます。事前に耐震等級について確認することは、マイホームを建てるにあたっても、損はないポイントになってきます。

 

 

 

■関連ページ

 

>>アイダ設計の坪単価

 

>>アイダ設計の評判